ドライフラワーのメンテナンス方法

日付 June 22, 2020

ドライフラワーは壊れやすく繊細なものですがしっかりとお手入れをすれば長い間楽しむことができます。


直射日光を避けてください

ドライフラワーは高温に弱く、又直射日光のような刺激にも弱いためこのような場所は避けるようにしてください。色が日光により落ちてしまいます。

 

涼しく乾燥した場所に保管してください

湿気に弱く、湿気はカビの原因にもなります。その為、ご自身でドライフラワーを作る際には、しっかりと水分を抜いてドライにしてください。保存時は湿気の少ないところに保存、装飾するようにしましょう。

 

あまり花部分には触れないようにしましょう

乾燥したお花は繊細となりますので、むやみに触れないように注意しましょう。花瓶に立てて保存したり、スワッグとして吊るしたりすることで接触から防ぐことができます。

 

ホコリがたまらないように定期的に取り除いてください

ホコリはカビの原因となります。おうちに保存している場合、気がついたらホコリが花の上に溜まっていることがあります。溜まり過ぎた埃はカビの原因となるだけでなく、花への負担にもなりかねません。そのため、定期的にはらって清潔にしましょう。 

上記の4つを意識して管理する事によって、半年から一年は楽しんでいただくことができます。

 

 

 

コメントを残す

コメントは承認されてからの公開となります。


トップに戻る